【仮想通貨】から揚げコインとは?

から揚げコイン

Wavesトークン界に突如として現れた新星「から揚げコイン」

今回は口調を変え、気合を入れてその魅力をお伝えする。

> 公式サイト

から揚げコインとは

Wavesの独自トークンのうちの1つ。
2018年7月に誕生したばかりだ。

コインの目標について、公式サイトには下記のように記載されている。

「独自トークンの中でNo.1の流動性を目指すで☆(ゝω・)vキャピ」

高い流動性を確保することは非常に重要だ。
他のトークンは、使用される状況を想定し、目標としているものが多い。
「〇〇界隈で使用されることを目標とする~」
「△△県の活性化を~」

上の例でいうと「〇〇界隈」には、食べ物やペット、スポーツから介護やボランティア、創作活動など文化や行動そのものまで多くの例が当てはまる。

しかし、それらは“しょせんWavesトークンなのだから”ビットコのような基軸通貨を目指せるわけでもなく、匿名性や高速決済といったコイン自身の特殊能力、あるいは大型運営陣による資金力やマーケティング力があるわけではないと理解して、限定的な目標を定めている。中には取引所に上場されるトークンもあるが、その上場先が海外取引所では大衆には響かず、今のところ現実世界でチカラを持つには至っていない。

おのずとホルダーは少数/特化型となり、価格も一定以上は上がりにくく、利益だけが狙いの者は離れ、盛り上がらないまま終息してしまう雰囲気になりがちだ。(なりがちなだけですぞ。盛り上がっているトークンもありますぞ)

もちろんこれらトークンを卑下しているわけではなく、むしろ私自身もエアドロップや投げ銭など、個人運営ならではの面白さや通貨に込められた想いを応援しているが、ぶっちゃけイマイチWavesが盛り上がらないのも、この”しょせんトークン感”が少なからず影響していると考えられる。
それはWavesトークンに限らず、EthereumトークンでもNEOトークンでも同様の傾向ではないだろうか。

から揚げコインの目標

そんな中、から揚げコインは「No.1の流動性を目指すで」と、目標を異次元の方向に据え置いた!
普通なら「唐揚げ界隈での使用を目指し、居酒屋や商店街でも使用できるよう連携を~」とか言い出しそうな唐揚げというテーマにも関わらず、である。
公式ページには「から揚げコインの行く末」として実店舗での利用や取引所上場とも書かれているが、第一の目標を流動性に置く姿勢には将来性を感じる。

流動性が上がり、板が厚くなれば、トークンのくせに盛り上がっているヤツがいると話題にもなるだろう。
儲けた自慢をする者も現れ、知名度が上がれば、人も集まり、さらなる流動性が・・・と好循環が起こりそうな予感がしないか!?

から揚げコインは、から揚げという名を良い意味で逸脱し、巨大な経済圏を築き始めているのかもしれない…!

から揚げコインの素晴らしい点

からOげクンと交換できる!!

いくら流動性が上がったところで、何か実需がなければ、ただの電子遊びだ。
その点、から揚げコインは、あのローOンのからあOクンに変換できるという価値を持っている!

具体的な交換方法は↓
https://cotoco.net/service/receive

トークンを運営に送ると、運営からコードが返ってくる。運営と1vs1でやり取りするという原始的(笑)な方法だ。
別にローOンと提携したとか、そこまで凄いトークンではないので勘違いしないように!
ちなみに、から揚げさん氏はレスポンスが早いぞ!
またDMで直接やり取りするうちに愛着も沸くし、その人柄に触れることがもできるだろう。

買い支えによる最低保障

公式サイトによると、「から揚げコインは運営が買い支えるため、基本的に買い板が消えない」と記載されている。
買い支えは非常に強力だ。無価値になる恐怖がないため買いに安心感が出るし、もし底で拾えればトントン以上確定だ。

そして買い支えの資金は、運営のアビトラ利益と取引所登録アフィだという。
アビトラの方は公開されているブログの収支報告によると、安定してプラスを叩き出しており、しばらくは安泰と思われる。(と思われるだけですぞ。大事なことなので)

取引するだけで勝手に増える!流動性ボーナス機能

から揚げコインには流動性ボーナスと呼ばれるシステムがある。

これは一ヵ月あたりの取引日数に応じてコインが付与されるというもの。一日に何度取引しても、一回とカウントする点に注意だ。

▲5回(5日)以上でBONUS確定

応募方法は、月末にTwitterのダイレクトメールにてウォレットのMy Trade Historyのスクリーンショットを送付する。
Twitterアカウントを持っていない人は開設し、から揚げさん氏をフォローしておこう。

なお、この流動性ボーナスは、近々その枚数が見直される可能性が高い。
運営より、「取引回数皆勤賞がホルダー1000人達成すると8000万枚から揚げコインを配布する計算になる∩(´;ヮ;`)∩ンヒィィィィィ
まぁありえんと思いますが手持ちの枚数が1億枚切ったら難易度調整という名の報酬見直しはします彡(゚)(゚)」
とアナウンスされているからだ。
そのため今のうちに沢山取引をして、から揚げコインの活性化に貢献してみてはいかがだろうか。

持っているだけで勝手に増える!疑似PoS機能

から揚げコインには疑似PoS機能もある。
月に一度、自身のコイン所有状況を運営に知らせることで、最大5%もの配当が貰えるのだ。

▲から揚げコイン・・・恐ろしい子!

5%というのは、とんでもない高配当だ。
今後、流動性ボーナスと共に枚数が見直される可能性はあるが、まずは50万枚所有を目指してみてはいかがだろうか。
こちらも月末に保有枚数のスクリーンショットと入金アドレスをダイレクトメールすればOKだ。

中央集権的な運用

から揚げコインは、定期イベントや流動性ボーナス、疑似PoSなどコインが付与される機会が多く、それらはコイン発行者の管理の元で実施される。
バーン、コイン追加発行などの詳細は未だ不明だが、運営として通貨を盛り上げよう、ホルダーに還元しようという動きが見てとれる。

トークンはPoWができないため、単なるエアドロップだけでなく、こういった形でも流動性を高める施策を打っているのだろう。

非中央集権が主流の仮想通貨界において、こういったトークンがチカラを持つのも面白いし、儲けのチャンスも広がると思う。

から揚げコインの注意点

中央集権的の弊害

いきなり矛盾しているようだが、中央集権的な運用にはいくつか欠点が考えられる。
これらが発生してしまうと、買い支え保障だけでなく、からOげクンとの交換や各種イベントも実施できなくなってしまい、から揚げコインの魅力は半減してしまうだろう。

1.管理者の資金が尽きる
仮想通貨情勢は日々変化している。今後アビトラ利益が取れなくなる可能性は大いに考えられる。アフィ収入も新規加入者はいずれ頭打ちになるだろう。資金源が2ヵ所しか無い/明示されていない点も不安要素ではある。

2.管理者のヤル気が尽きる
ある日突然「あれ、何でワイ買い支えなんかしてるんやろ彡()()」となる可能性もゼロではない。数か月、数年間も慈善事業を続けていけるだろうか。

3.管理者が私益や利益確保に走る
管理者も人間である。

4.運営の協力者が原因で崩れる
今後、悪意を持った者が運営に近づき利用されてしまうパターンも。

5.管理者が体調不良になる
病気や事故などで、突然運営の業務を遂行できなくなる可能性もある。

6.無茶なイベントで信用を失う
これは魅力でもあるのだが、から揚げコインは新たな試みのイベントが多い。仮想通貨界隈はまだまだ手探りな部分がある。例えば知らず知らずのうちに法に触れてしまい致命傷を負ってしまう、といった可能性もゼロではない。

唐揚げとしか交換できない

これまた矛盾しているようだが、リアル引き換え可能な物品が”からあOクン”だけというのは、ちと寂しい。
中にはコンビニのホットスナックなんて健康に悪いもん食わねーよ!という人もいるだろうし、日々体重管理に忙しい女性陣には唐揚げ自体ウケが悪いかもしれない。

本気度を感じられるか

から揚げコインの運営は個人だし、顔出しをしていなければ本名も出していない。トークンという性質上、どうしてもお遊び感は拭いきれないと言えよう。
最近は「取引所上場と同時に株式会社化」も流行っているが、コイン自体がスタートしたばかりという点もあり、これからの動きで信頼を積み重なるしかない。(草コイン好きとしては発足して間もない今こそ絶好の仕込み時!と思ってしまうのだが…)

から揚げコインは将来性の塊!

儲けのチャンス!

デメリット欄に色々書いてしまったが、これらは一般的な仮想通貨にも当てはまるものばかりだ。
実際に、独自通貨の開発が突然中止/頓挫することもあれば、運営陣が持ち逃げするパターンも少なくない。ICOスキャムなんて日常茶飯事だ。
要は個人運営の中央集権タイプは、管理者に何かあったときに、これら弊害が起こりやすいということだ。

こういう言い方は良くないかもしれないが、から揚げコインは絶好の狩場だと思う。
トークンの特性上、大口や仕手でなくとも、一個人が十分おいしく立ち回れるだろう。

から揚げコインは慈善事業だ。
公式ページにも「から揚げコインの趣旨はから揚げが好きな人に持ってもらいたいのと仮想通貨から退場する人を一人でも少なくすることや」赤文字で明記されているように、管理者の善意で成り立っている部分が大きい。
だからこそ上記のような不安があるし、逆に応援したいし、あわよくば利益に乗っかろうとも思える。
注目しておいて損はないはずだ。

もっふん的、今後の展望

1.運営陣の増強
頼れる運営が増えれば管理者1人のやる気や体調に左右されず、最悪管理者を引き継ぐこともできる。
安定的で長期的な運営が可能となるし、プロモーションなども多角的となるだろう。
現時点でも、ぽんぽん氏をはじめ、Wavesトークン発行者たちとの強固なコミュニティが構築されているように見受けられる。運営が本腰を入れていけば、Twitter界やアフィブログ界など、各界から100億パワーの戦士たちが参戦してくることも予想される。

2.唐揚げ以外にハードフォークする
唐揚げという国民的人気食を扱うだけでも十分凄いが、もしかしたら居酒屋メニュー全般やから揚げに合う酒、または養鶏場の応援など、唐揚げに関連する他の事業に展開されることも考えられる。ひいては食べ物全般~仮想通貨全般で使用されるスーパートークンへと広がっていくかもしれない。
ただし、やみくもに規模が広がればいいというわけではない。ターゲットを的確に絞り、あくまで唐揚げを極める方向に進むことも考えられ、将来が楽しみな部分である。

3.イベントが増える
まずは既存の多くが行っているイベントとして、公式ディスコードでのレイン機能、Twitter上での投げ銭機能が挙げられる。これらはいずれ実装される可能性が高い。
しかし、から揚げコインはこれだけに留まらないだろう。管理者は「”怒られたら消します”が合言葉(ゝω・)vキャピ」という趣旨の発言をしており、今後もブッ飛んだ企画が考案される可能性は高い。
早くも「競馬」と「買い上げ君」が廃止されたが、これから先も我々の想像を遥かに超えたイベントを用意してくれることだろう(脅迫)
2018年7月現在は毎週水曜開催のビットコインの価格当てゲームが実施されている。
ちなみに廃止された上記2点のイベントの合法性について、独自に弁護士に相談するという行動力の持ち主だけに、これからの運営にも期待が持てるだろう。

まとめ

この記事を読み返してみると、メリット/デメリットが諸刃的に紹介されていて、結局どっちなんだ?同じことを回りくどく言っているだけじゃないか?と思われるかもしれない。
それはその通りである。最後はこの運営を信じて、この運営の元で楽しめるか、が重要だ。
私個人としては、こんな慈善事業を思いつくような人は凄く面白いし応援していきたいと思っている(個人の感想ですぞ)
そして > 公式サイト の過去記事を読んでいけば、管理者は技術的/精神的に熟練したツワモノであることを感じ取れるはずだ。

なにより3日と経たず、対Waves価格が3000を超え、約2週間後にはジワジワと6000を超えるていることから、早くもアツい眼差しが注がれているコインだと言えよう。

流れの止まった水たまりは、いずれ干上がってしまう。
から揚げコインには、ぜひとも流動性あふれる川であってほしいと願うばかりだ。

– 仮想通貨の購入はくれぐれも自己責任で! –

.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント